皮膚科

当院では、最新の医療技術を患者様にとって最善の方法で提供することを第一として考えております。 皮膚科専門医だからできる高品質な専門医療の提供を使命として、お子様からご高齢の患者様まで、満足していただける ようにスタッフ一同取り組んでおります。

皮膚科の主な病気

アトピー性皮膚炎、かぶれ、じんましん(蕁麻疹)、乾燥肌、手あれ、水虫、爪水虫、たむし、とびひ、あせも、いぼ、水いぼ、虫刺され、たこ・うおのめ、巻き爪、にきび、ヘルペス、帯状疱疹、水ぼうそう、日焼け、すり傷、やけど、薬疹、尋常性乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、皮膚腫瘍、しもやけ、アレルギー、その他。

地域の皆さんの健康な生活の一助となるよう、「家族みんなのかかりつけ医」として診療しています。 皮膚に関してお困りのことがございましたらどんな些細なことでもかまいませんので、お気軽に大東市の渋谷医院にご相談ください。

渋谷医院で可能な検査

血液検査(一般・アレルギー素因検査) アレルギー用皮膚テスト(パッチテスト、皮内反応検査、プリックテスト)など。
※その他の高度な検査に関しましては、当院と連携をとっております専門の医療機関で検査を受けて頂く事が可能となります。是非一度ご相談下さい。

皮膚の病気の新しい治療法

エキシマ光線療法

これまで難しいとされていた皮膚の病気の治療に効果的
それがエキシマ光線療法です。

エキシマ光線療法に有効な病気

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

尋常性乾癬

皮膚疾患の一種で、そのなかでも尋常性乾癬は乾癬のなかでも、患者数が最も多く全体の約9割を占めています。
これまでは欧米でよくみられた皮膚疾患で、日本人の食生活の欧米化がすすんだことが関係しているのではないかとみられています。 女性よりは男性に発症する割合が高く外傷や薬物による外的要因に、ストレスや生活習慣などによる栄養過多などが複雑に絡み合っているのではないかと類推されています。 症状は、はじめは頭のフケやかさぶたがあらわれ時間の経過とともに手や足、背中などにもあらわれ、皮膚が赤く腫れて表面を白い垢がでてきます。 さらに皮膚はボロボロとはがれ落ち、外見からも気にならずにはいられないものです。一般的にはアトピーなど他の皮膚疾患となかなか区別がつかないように見えるのですが、皮膚科専門医が診るとすぐに乾癬であると判断できます。 尋常性乾癬のような症状があらわれたら、皮膚科専門医がいる病院を調べ、詳しい診断をうけましょう。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症

バイ菌やウイルスがついていないのに、手のひらや足の裏に無菌性の膿疱(うみをもった皮疹)が生じる病気です。
原因は不明ですが、病巣感染や喫煙との関係が多くみられます。
手のひらや足の裏(とくに土踏まずの部分)に膿疱ができ、周囲に赤みをもつようになります。赤みはお互いにくっつき合って、手のひらや足の裏全体の皮がむけて赤くなる状態になり、そのなかに膿疱やかさぶたが見えるようになります。
掌蹠膿疱症の症状があらわれたら、是非ご相談下さい。

白斑(はくはん)

白斑

白斑病(白ナマズ)とは突然皮膚の色が抜け、白い斑点ができるものです。
発症は子供から高齢者までの幅広い年齢層に発症します。 美容的な皮膚の問題以外身体への影響はない病気ですが、なかなか治りにくい皮膚病です。
また、中には甲状腺の機能亢進によるものやリウマチなどの膠原病などが原因になっているものもありますので、皮膚以外に症状がある時は検査が必要です。 症状が気になる方はお気軽にご相談下さい。

エキシマ光線療法は、短い波長の『光』を使用した新しい治療法です。

これまで難しいとされてきた肘や膝など、目立つ部分の治療にも効果的です。

症状が気になる方は、お気軽にご相談下さい。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

肌の乾燥に伴う皮膚のバリア機能低下,アレルギーになりやすいアトピー素因に,ハウスダストや発汗による刺激、食生活やダニのアレルギー、ストレスなどの環境因子などが関連し 生じる皮膚炎と考えられています。
典型的には,肌の乾燥に伴い頸部,肘窩,膝窩などの間擦部位に左右対称性に生じる慢性的な皮疹によりアトピーと診断される事が多いです。
小児期には,全身の肌の乾燥と共に掻爬することで,皮疹が悪化しやすく、乾燥肌を原因とした皮疹は思春期の代謝が盛んとなる時期に一時改善することもありますが,成人した後に再びアトピーが悪化することもあります。

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹(じんましん)

皮膚に突然蚊に刺されたような膨疹を生じ、だんだんに融合をして地図のような皮疹となる日常よく見られる疾患です。
通常、強いかゆみを伴うことが多いが、皮疹の多くは半日~1 日以内に退きます。 食事、感冒、薬剤、寒冷、物理的刺激などが原因となることもあるが、5~6割は特に誘因無く生じると言われています。ストレスや疲れなどがきっかけとなるこ ともあります。
治療は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服を継続しアレルギー症状を コントロールすることです。通常、かゆみの発作は1~2週間で収まってくる場合(急性蕁 麻疹)が多いが、1ヶ月以上 症状が続き内服薬を継続しなくてはならない場合もあります。

いぼ冷凍凝固法

いぼ冷凍凝固法

冷凍凝固療法とは、文字通り患部のイボを凍結させて除去する治療法です。
凍結剤には主に液体窒素が用いられますが、綿棒などに染み込ませた液体を患部に直接押 し 当て皮膚組織を壊死させます。 冷凍凝固療法は多少痛みを伴うので、子供には不向きであったり、途中で治療を断念して しまう患者も少なくないようですが、幅広いイボに対して治療が行え、他のイボ取り療法に 比 べ効果が高いです。

巻爪、陥入爪

巻爪、陥入爪

巻爪や陥入爪の原因は様々で、一般的には爪の強打や体重の増加、爪の切り方や形状、足に負担のかかる靴を履く等があげられます。
当院では、巻爪、陥入爪の治療として2種類の治療法をご用意しております。

陥入爪

【治療方法】
爪が皮膚にくい込んでいる部分をカットします。爪をカットすることで、巻爪の痛みは和らぎますが、治療を行ううえでの痛みが若干御座います。 こちらの治療方法は保険が適用されます。